2008.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2008.05

すでに新曲プロモについては記事にしましたが、
どうしても、この思い伝えたい。

先日、赤西仁は、私の宝物だと書きましたけれど、

ほんとに、その思いを新たに強くしました。
いいえ、それより、
彼は私の神なんじゃないかしら?

たった、
あの髪型一つなんだけど、
あの雄姿は、
全ての空間と時間を越えて、
私を一瞬で、掬いあげ、
身を軽くし、ふわふわと漂わせた。
心臓はかつてないくらいに働き続け、
肩は、硬直したまま、
瞳だけがランランと輝く。

現実の苦しみから、
解き放たれて、
熱い涙が溢れてくる。

ありえないほど、
綺麗なお顔をした戦う神様が、
そこでただ舞っている、歌っている。
それだけで、

私はまた救われました。

必ず、
彼の魅力をもっともっと多くの人に。
伝えなければ。
もっともっと、
世界中の人に。

スポンサーサイト


新曲プロモ

ズムインにて、新曲PV流れました~

何あの髪形~~~???!!!

腰砕けて、
立てない…

ここになかなか来れなくて、更新遅れたのはそのせいです。

サムライなの?
あかん、、、
アタマクラクラしてる…

カッコよすぎ。



えっと、
プロモの衣装は先日のMステとおなじ。
仮想の裏社会のような幻想的な空間に、
メンバー6人のほかに、女性ダンサーが大勢出演しています。


カツマニュ

ゆっちのカツマニュ、

おんなじ思い、

何してるんだろうね~
全くぅ………

ゆっちの言葉はいつも好き。
思わず、微笑んでしまうから。


日刊スポ-ツ

第11回ドラマグランプリ主演男優賞、
ってことで記事が出てました。
080428_092845.jpg




ぶっちぎりの1位おめでとう~~~

しかし、
投票結果を見ると、
10代よりも、
30代、40代の得票が多いんだねぇ…日刊スポーツ記事


LOVEJUICE

この曲が、金曜日の亀ちゃんラジオで流れたそうで、
そんな気がしてたのに、
Mステで腑抜けになってたおかげで、気がついたら11時半で・・・全然間に合ってないじゃん。(>_<)
つうことで、見事に聴き逃して・・・

けど、
必死の思いは通じる。

おかげさまで聴けました。
まだ全容は出てないようでしたが、
やっぱり英語なんだぁ・・・ふぅ~~
覚えられるのか…

ドンエバのリピも止まらぬままに、
ジュースのリピ。

っと、
これ、
どうもからくりがあるみたいですねぇ・・・
あ、
からくりというか、
ふ~んそうなんだぁ~っていう事実が・・・

そこはそれ、
さすがはJin Akanishiのやることは粋でっせぇ~~~

早いとこ、
ちゃんと聴きたいなぁ~
あと半月余りかぁ・・・
待ちきれないよ~~~


これぞKAT-TUN!

どこまで引っ張る、Mステ。

昨夜の記事は、
はっきり言って、何書いてるかわかんないね。
どんだけキョどってたんだか。。。

少し落ち着いたので、
仕切り直してみよ~~~

まず、オープニングから仁ちゃんタモさんに絡んでもらってたのね、
トークでも何気にしゃべってたし、トーク入れさせてもらってんだぁ。
今気づいたんか…いいや、そういうわけじゃ…(^^ゞ
あ、そうだ、光ちゃんがいたね。…今気づいたんか…いえいえ、そんな失礼な…(^^ゞ(>_<)
さすがにトークの光ちゃんは余裕がある…と思ってたら、シメがグダグダだぁ…後で反省会ね。(笑)

KAT-TUNの前に、今私が一番お気に入りの平井堅さんの“いつか離れる日が来ても”。
一緒に歌って、娘に顰蹙買った。(^^ゞ
福原美穂さん、少し前から注目してたアーティストで、絶対この子はいい!て思ってた。
やっぱりいいわ。
デビュー曲、絶対カラオケの十八番にしてやる~~~~

盛りだくさんじゃん、昨日のMステ。

で、

DON’T U EVER STOP
年長組サンはそろそろ20代半ばにさしかかってきて、
すっかり少年の顔が大人に変わったKAT-TUNの、本領発揮といったナンバーに仕上がってた。
これは傍で見ていた光ちゃんもさぞ嬉しかったんじゃあ?

今の日本で、ここまでのパフォーマンスをするアーティストはそうそういない。
これは昨日の記事にも書いたけど、6人全員踊れて6人全員歌える。
メインの二人が歌ってる時のバックのダンスの素晴らしさは、6人そろってもやっぱり素晴らしいし、
たっちゃんはますますかわいらしくなってきてるし、
じゅんのの切れの良さと言ったらないし、
ゆっちのスライドにはしびれたし、
コーキの歌声何気に私の好み、
亀のダンス、めちゃめちゃ好物すぎて・・・

仁?
やっぱり言葉ない…
彼は、
私の宝物。

なにかをとりたてて、どうこうと語れない。

とにかく、
なんであんなにできるんだろうかと、はぁ~とため息をつく。

これぞKAT-TUN!

来週の出演も、
出来れば番協なしでお願いしたい。
じっくりKAT-TUNのパフォーマンスをまた見たいから。


Mステ新曲披露

何を…
言ったらいい?

オンエア終了後、ワンセグに録画したものをずっと見続けています、
聴き続けています。

Kinkiのバックで、Mステに出ていた頃、
後で何かしら見返してみて、
改めてKAT-TUNのダンス力、見とれていました。

先日、ラジオでこの曲がお披露目されてから、
何百回となく聴いて、聴いて、
もうメロディーはすべて脳内に収まってて…

今、
腕が痛い。
たまらなく痛い。

一体どれだけ必死で握ってたんだろ、自分の拳。

涙だけはこぼさずに見ようと思って、
一生懸命。

あ~
これがKAT-TUNだぁ…
あ~
これが赤西仁なんだぁ…

6人全員踊れる。
6人全員歌える。
それぞれの得意技を持ってる。
稀有なG。

そして、
稀有な才能を持つ私の大事な人。
高音のビブラートも、
重低音も。
長い手足をすっと伸ばしても、
しなやかに回っても…

これをして、
高まる鼓動を抑えることなんてできるんだろうか。
次の息ができないくらい、鼓動が速い。

これを
もう少ししたら、生で聴けるの?
たおれてしまわないように、
少しは慣れておかないと・・・



Mステ!

本日、Mステ出演!

皆様、録画の用意はよろしくて?
もちろん、オンエアは正座して。(笑)

もう朝からドキドキ、
やっぱり歌番組出演は好きだわ~
待ちきれない・・・


魂感じて…

昨日、
ヲタ友(仁友ではない)がうちに来て、お茶してて…

その前にも、
やっぱり(仁友ではない)ヲタ友とメッセやメールをしてて…

ほんま、仕事休みだと、ずっとそんなことやってる、ってのが幸せなひと時なんだなぁ・・・

ヲタやってるとね、いろんな温度差、感じる。

私は、
昔っからミーハーですよ。
アイドルにはまったってことはなかったけど、
映画や舞台やたくさん見て育ったし、流行歌も全部歌えるし、
田舎人のくせに、たくさん芸能人さんにもあったし、
自分も舞台に立ってたりしたし・・・

だから、好きな芸能人さん、結構たくさんいるかも。

けど、
見ていて楽しい、
いいや、見ているだけで楽しい、
という人がその大半。

ねぇ。
みんな、芸能人さんの応援してて楽しい?

私ねぇ、
昨日その人たちと話してて思ったの。

その人の背景や、思いや、将来や、ぬくもりを・・・・・・感じる?

もっちろん、
実際には触れられないから、
魂で。

私にも、
感じないでただ好きな人っている。

でも、
何かを感じられる人、
じゃないですか?

あの人は・・・


制限したかも(BlogPet)

紫光は、制限したかも。

*このエントリは、ブログペットの「ジンジン」が書きました。

 



海賊の女王?!

6月4日発売だそうです。
KAT-TUN新アルバム『KAT-TUNⅢ QUEEN OF PIRATES』。

つか、みんなの情報早すぎ。(^^ゞ

追記:
タワーレコード
山野楽器
新星堂


3週間前の解禁で

3週間前の解禁。
ん?
いつもより若干早いのかな?

カツスタ、
R-oneではフルで流れたらしいですが、
カツスタしか聴けないもので、1番のみ。

初めて聴くと、
なんとまあ、難しい曲なんだろうかと思った。
2度目に聴くと、
音域広~~~~と思った。
3度目は、めっちゃいろんな要素入ってるなぁ…

そのあとは、
もう何度聴いたか数えられないんだけど、
めちゃくちゃ楽しい曲だ。

耳だけで聴いててもこれだけ楽しめる曲なんだから、
映像で見たり、生で見たら一体どんななんだろう?

KAT-TUNの魅力って、
J事務所タレントさんの美しさと華麗さ、
音楽性の高さ、
ころころ変わるパートの見せ場の技術力、
仁亀のハモリ。
仁のフェイク。
と、曲ごとに進化し、うわぁ~~~ここ!ここ!って言う鳥肌立つ部分を提供してくれるってとこだと私は感じてる。

今回の歌いだしの仁の声に、ゆっちの低音、すごいね。
サビの部分のなめらかなのに、ぐいっと力強いハモリ。

これに、キメキメダンスがつくんだよ~~~~~
もうどんだけ~~~~~
楽しませてくれるんだろう?!

テレビお披露目が、
心から楽しみで、
金曜日まで眠れない。


思いあぐねて

青い封筒が届いてから、一週間余り、
今日やっと郵便局に行ってきました。

とことん素直じゃないよな。

一応、
友達とも打ち合わせてる。

だけどね。

ありえない会員数。
何公演でも申し込めるとなると、
天文学的をとっくに通り越す応募なんだろうな。

行きたい公演を打ち合わせて見て、
みんなそれぞれ全部を全員申し込むん?
それって、凄いよ。
当たりっこないけど、
当たったら、全部ダブル。
ひょっとこしたら、全部トリプル。
そんな心配は老婆心だと理解しながら…

家計の事情だってある。
その為に毎日汗水たらして働いてきたけど、
家族に不自由はかけられない。

実際に、会場に行ってても、
やっぱり素直じゃなくて、
多分去年までの私じゃないのがわかるから、
きっとまともに立っていられないよ。
もしかしたら会場にさえ入れるかどうかさえ自信ない。

けど、
会いたい、
恋しい、

思いあぐねて、

一週間。

かろうじて、
理性の保てるところを妥協点として祈りをこめて…

当たりますように。


有閑倶楽部DVD

本来は、
明日23日、発売ですが、
今日からフラゲの方もあるみたいですね。

いよいよ有閑倶楽部DVD発売です。

記念すべき赤西仁クン初主演連ドラのDVD化ですもの、
これは必ず手元に置いておきたいわ~

あ、そうしていたら、
注文していたところから、届いたというお知らせ。

では、
行ってき~~~

080422_072907.jpg


便利な時代の恩恵

MステのJinメッセージを見損ねて、
次の日、お友達に、携帯に録画したものを見せてもらって、
聴かせてもらって、
それでもこと足りず、
でも、
便利な時代のおかげで、
某所でしっかりと、画像とその声を聴けて、

なんて言ったらいいんだろ?
たったあれだけで、
あんなにもその場を盛りたてて引き締められる存在感に圧倒され、
えぇ~~
後輩君たち、めっちゃ嬉しいんちゃうの~~~???!

結局、
私は、
その囁きのような甘い声に魅了され。

あ~
やっぱ、
仁のカ行が好きだ。<ってなんのこっちゃ。

あかにしじん、の”か”がツボ!

朝からどんだけ聞きまくってると思います?(^^ゞ
やっぱ、変なおばだね、私。


少クラ

たまには、
情報も・・・

すでにご存じの方も多いと思いますが、
5月18日の少クラプレミアム、プレミアムショーはKAT-TUNです。

新曲出るもんねぇ~
また歌番組、忙しいよ~~


仁を感じて

昨日、1年前に仁が又私たちの前に帰ってきてくれた日。
彼がどこで何をしていたのかはわからないけれど、
遠い大阪の地にいて、彼をたくさん感じられた。

午前中仕事して、
あわてて帰ってきて、昼食を摂りながら、
関西オンエア中のごくせん2の第7話を見て、
主人一人お留守番してもらって、お出かけ。

昨日ミナミで、一日だけ開催されたjanjiの即売会に出かける。
そこで、二人の仁友さんとご一緒し、
馴染みの仁友さんに会い、
はじめましてのこれまた仁友さんに会い…
とにかく、終始仁を語り…(^^ゞ
だってね、
えっと、
とにかく、すごい行列でして、
結局3時間くらいかかったのかな買い物が終わるまでに。
その間十分語れましたとも。
なんども、純さんが様子を見に回ってくれていて、
とっても腰の低い愛想のいい方なんですねぇ。
お店の中では、ちょっとおしゃべりさせてもらって、
挙句に握手までしていただいてしまいました。
ホントありえないくらい、彫りの深いイケメンでしたわ~

でも…

どれだけ語っても、
”はぁ~~~”ってため息でいつも終わっちゃうほど、
仁って素晴らしい!
どうしてあんなに素晴らしい人なんだろう?
みんな、完全に瞳がハアト状態だったわ~

結局最後は、
彼の人間性がものを言っているのよね、ということに収まる。
そうなのよ。

何がいいって、
いっぱいいところありすぎて、あげられないけど、
もっちろん彼の最大の武器は、あの才能、だけど、
それでもずっとずっと付いていきたいと思わせる一番の要因って、
やっぱり彼の人間性の深さ、温かさ、でしょう。

それをなんとか、もっともっと広めたいね。
誤解を解いて、おかしなイメージを払拭して、
彼の素晴らしさをもっと伝えたいね。

夜、
録画したごくせんの残り3話を
昨日から始まった新ごくせんを見ないで(ごめんな、後輩たちよ、娘は見てたから許せ!)、
一気に見て、
今更ながら、あの卒業式の”ありがとうございました~”で大泣きし…
今私たちの傍で、その進化する姿を見せてくれている仁を
一日中いっぱいに感じた、幸せな日でした。


今日

今日という日を、
やっぱり大切に思っていたい。

大切なもの抱えすぎて歩きづらくなった今日。

けど、

あと何年かすれば思い出になる。

自分を信じて。


昨日、
Mステのメッセージ、
直前に友達から電話貰ったけど、間に合わず、
亀ラジオ、セットしてたのに録音できていなくて、
なんだか、
やっぱり縁無いわ~
と思い知らされながら…

けど、
やっぱり今日っていう日は、
大きな意味持ってるんだね。

今日感じられる彼は、
間違いなく私たちの前にいる。

Mステのメッセージも、
後で画像だけ見ました。
ちゃんと読みました。
声は聞けなかったけど、
たったそれだけで、
やっぱり幸せなんだな。

あの子の温かさと大きさが、それだけで伝わってくるの。


ここのタイトル、なんですが、
紫光的・・・
そう、
あくまでも紫光的な仁ちゃん論を展開させていただいております。

前の記事に書いたように、
本日をもってヲタ活動の拠点となっていたミクを退会するにあたり、
以前の日記を読み返してみました。

そこには、まさに、
私がKAT-TUNを知り、亀を知り、
そして、失くして初めて知った仁への思いが切々と綴ってありました。

あの日の衝撃、
言い知れぬ後悔の念、
切実たる望み・・・
一つ一つ仁への思いに気づく過程がそこにありました。

彼がいなくなったころ、
私ごとですが、ちょうど私の仕事も一旦退こうと申し出たところで、
そして、私がありえない復帰を果たしてまたこの仕事に戻ってきたのは、ちょうど去年の4月。

そんな波乱万丈な時間を、
独りよがりな思い込みでしょうが、
仁の時間と重ねて見てしまうのは、もう仕方のないことなんでしょう。

私にとって、
仁とは、
確かに、ほんっと遠くて遠くて、どうしようもなく遠くて、
いいえ、実際どこかで近くになれたとしても、
やっぱり遠すぎて、手の届かない人ではあるけれども、
魂だけは、
近く近くある、
そんな気がして仕方がありません。

彼の背負うもの、
彼が放つもの、

確かなものなんて何もないけれど、
一人で勝手に、
感じたと思いながら、生きていきたい。

今、
多分、
生きるためのすべてを彼からもらっているのかもしれません。

素晴らしいお仕事をされている、
素晴らしい方ですね。
赤西仁さん。

どこをどう間違って出会ってしまったのかはわかりませんけど、
こんなオバで、本当に申し訳ないですけれど、
ちょっと目をつぶって、
応援だけさせていただければ、
嬉しいかな?なんて・・・ね。


業務連絡

こちらとは直接関係のないことなのですが、
本日をもって、mixiを退会することにしました。

2年前、KAT-TUNデビューして、
20歳も年下のトップアイドルさんの応援は、
これまでのミーハー活動では賄いきれず、右往左往していたら、
ミクをやればいいのに。。。って友達が教えてくれて、始めて1年半。
ホント多くを学んだ、と言える。
楽しいことも、辛いことも。

あちらではいえませんが、正直言うと、
そのうちつらいことが勝ってしまった・・・というか、
そんな感じです。

その分、
こちらでさらに弾けちゃいたい!

もっともっと、
いろんな方面から、いっぱい語りたい。

もっともっと、
仁ちゃんを愛していきたい。

そう思ってますので、どうかよろしくお願いします。


カツカツ080416

ノープラン、、、って、
なんか、
ちょいと、きついかも・・・

確か、沖縄の時もそんな風じゃなかったっけ?

突然の場面でも企画力?ってか、行動力ってか、
そういうもんがものを言うんだろうけど、
やっぱ、見てても、
ん~~~~(^^ゞ
先週のカミングアウト企画が結構おもしろかっただけに…(*^_^*)

個人的には、
私はあんまり行動派じゃないし、
これと言っていつも行きたいとこもないんで、
カフェからインテリアショップってのは大いにアリ、なんだけど…ね。

そうねぇ、
ツボって言えば、
仁ちゃんのチェックのシャツ。
と、
コーキがどんだけ亀ちゃん好きなんだぁって改めて思えたことと、
ゆっちくんがコーヒー飲めない人だってわかったこと、かな?

来週は、はてさて・・・どう言う展開になるんだか・・・

けど、 ♥ More..Open


きょうジンジンは、倍率も終了すればよかった?
それで紫光は期待するはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「ジンジン」が書きました。

 



心が呼んでる

朝から晩まで、
いいや寝ている間でも、

心が叫んでる、

ただ一人の人の名前。

はぁ~~あ。

昨日は一日、ドリボ同行の亀友さんとずっと話してたんだけど、
話せば話すほどに、
“ダダハマリですね~溺愛ですね~”
と言われ、
さらに、
”ドMですねぇ~”
とも言われ・・・

まったく、反論できず。
そのとおりです。

今朝ほどは、
いつまでも往生際悪く、どうしたって埋まらないこの年齢差や立場の距離を嘆くから、
励ましのお便りをいただき、
感謝。

昨日の舞台を見ても、
今朝の仕事の会議に出ても、
行きつく思考は、

仁、どうしてるの?
って・・・

病気だよね…

どんなにつらい思いをしたって、
どんなに葛藤したって、
しょうがないじゃない。

でも、
この頃は、
辛いって、
口に出して言えるようにはなったの。

彼は、辛いなんて言われるのは絶対嫌うだろうけど、
私だって、楽しく応援もしたいし、
こんなはずじゃなかったけれど…

乗り越えることなんてできないけれど、
受け止めようと思う。

運命なんだもん、な。



まさかのパッツン

もう少し、仁生を生きて行ってもいいかな、
そんな気にさせるステージだった。

DREAM BOYS 2008 in osaka
2008.4.15第2部。


昨年9月の帝劇より、
確実に、着実に進化を遂げていた。
こんなにレベルアップするものなのか…
もちろん、昨年も私は感動に前のめりになる衝動を抑えきれず、
手に汗握りしめながら見ていたけれど。

3時間余りの上演中、私はずっと、自分の仁生を考えていた。

プロの大きな舞台を初めて見たのは、小学校3年生の時。
宝塚の公演だった。
大滝子さん、初風淳さんの舞台だったと思う。
その後、ツレちゃんの宝塚現役時代の公演も何度か見た、はず。<あまり記憶がないが・・・
あれから、舞台に立つことにあこがれ、
ただ、そこだけを夢見て過ごした少女時代。
けれど、いつしか、そんな感情もすっかり忘れてしまう中で、
育児や仕事に追われて生きてきた。

は、
やっぱり私にとってはステージの神。
彼の放つオーラは無色透明で、絶対に掴めないの。
それなのに、私は心臓をわしづかみにされたようにグイグイ引き込まれていく。
あの子は一体なんなんだ?

の私、
突っ走ってきた仁生で、少しだけ立ち止まる時間ができてきて、
はたと、気づくと、
そこにたった一人ぼっちで立っているような焦燥感。
これからの半生、生きようとする目的も活力も見いだせないまま日々が過ぎていく。

けど、
ひょっとして、
またこのDREAM BOYSを見るために生きて行ってもいいのかなぁ、なんて。
あは、おっかしいでしょう。
でもほんとに、そんな風に思えた。

亀との出会いは、
確実に私の仁生を変えた。
そしてまた、昨日。
私、また生きていけるかな?

ありがとう。全ての出会いにありがとう。

ただ、
その間中、
ひたすら、
今はまだ会えぬ、愛しい人JINの名を呼び続けながら・・・

タイトルは、
開演早々の大智くんのハプニング。
詳細は、きっとほかの亀担ブログさんで報告あると思うので、
あえて、端折ります。あしからず。


悲喜こもごも

昨日の記事に書きましたように、
本日、大阪ドリボ観劇です。
亀cとコーキくんに会ってきますねぇ~
考えたら、4月初めから彼らはずっと、大阪にいるのね。
いいなぁ…
仁ちゃんもずっと大阪にいて欲しい。
そだ、今日来ないかしら?
無理か…
妄想だけしておこう。

昨日我が家にも青い封筒が来ました。
ずっと待ち続けてたのに、
待ちくたびれて、寂しさを紛らわすため、
その間にためてたなけなしのお小遣いをアロマにつぎ込んでしもうて、
まさに、金欠!
ほんっと、やばいって…
どうすんの?状態です。

それでも、
一度でも多く仁に会いたい。
番宣なんて年齢制限で当たらない、
偶然会えるなんて夢みたいなこと100%ありえない大阪の片田舎にいて、
唯一その場だけが、彼のオーラを感じ、
無限のエネルギーをもらえる機会なんだもの。

けど、
これまで他のファン活動してて、
ファンクラブに入っていれば大体コンサートには行けたけどなぁ…
ファンクラブに入ってるからって全然保障ないんだもん、それが寂しい。

これまでも、
行きたい!行ける!って思うところに、思う枚数しか申し込んでないけど、
多分当選確率は1割くらい?
もっともっと、複数口入れたら確率は上がるのかもしれないけれど、
そうしたら、ますます倍率が上がるじゃない?とれない人が増えるじゃない?
申し込んだら、だいたい行けるってな具合だといいのに。
それじゃあ、人気のバロメーターにならないのかなぁ…
難しいなぁ…

ほんと、エネルギーいるわ…
若くて美しすぎる彼氏には、会うだけでもう大変…(^^ゞ


ブログなどなど

FC2のブログに引っ越してきて、6日目です。
新ブログの立ち上げ日は、くしくも、仁ちゃんの親友くんのお誕生日だったみたいで、
お祝いでよかったわ~

ここいらで少々覚書をしておきましょう。

紫光、
ネット歴は10年位になります。
当初は、某俳優さんのためにHPを立ち上げ、結構広く深く活動してました。
多くの方との出会いをいただき、
書くことの楽しさを知りました。

KAT-TUN歴は、デビュー以来。
初めは亀ちゃんから入りました。
ミーハー歴は長いのですが、ジャニーズはやっぱり未知の世界、
年齢も年齢だし・・・戸惑ってばかり。

とりあえず、友達に教えてもらったmixiでお仲間を探して1年半。
ミクで、毎日つらつら日記書いて、コミュ立ち上げてます。

ブログは、
エッセイブログをやり始めてから5年位になるかなぁ…細々とまだやってますけど、
仁ちゃんのブログを始めたのは、昨年2月。
彼の帰りを信じ、待つために始めました。
あ、
私って、
彼がいなくなって初めて自分の思いに気づいた大馬鹿もんです。
けど、信じて待っててよかった~~~~

仁ブログもほんとは、細々と…でよかったの。
だって、気が引けるもの…自分でも今でも認めていないもの…

けど、
やっぱりね、
何をおいても、今私にとって一番大事なものは、仁だと気づいた。
彼がこれから、もっと大きく羽ばたいて、
もっと多くの人の力になってくれることを心から願ってる。
だから、
少しでも、多くの人に赤西仁を知ってもらって、愛してもらって、
いついつまでも彼の魅力が多くの人を惹きつけるようでいてもらうために、
私のできる限りのことはしたいと思うようになった。

それで、
より使い勝手のいいブログさんに引っ越しました。

ここ、
テンプレートもたくさんあるし、多機能。
今は、ミクからもリンクで飛ぶように設定してるけど、
ミクのテンプレートも変えられたら、いいのにね。

あ、話がそれました。

と、今日は、自分語り・・・でした。




DREAM BOYS 2008 in osaka

んっと、明日15日のことですが、
やっとのことで、
今年のドリボ観劇です。
前楽日にして初めてとなりますが、
じっくり見させていただこうと思います。

もし、明日梅芸に行かれる方ありましたら、
ぜひお会いしましょうね。 ♥ More..Open


care

今日は、港町神戸で全国会議で、片道2時間の距離を一人で電車に揺られながら、ずっとcare一曲だけを聴き続けてた。

実は、私…

カミングアウト大賞じゃないけど、
この曲がどうしても頭に入らない。
ううん、
ちゃんと空で歌えるし、しっかり歌詞もメロディも知ってる。
それなのに…

きっとこの曲の持つメッセージが私には重過ぎて、受け止めきれないのだろう。
この曲を歌う仁を3パターン見たけれど、どれもホント大きな意味がありすぎて…

でね、
往復4時間の道のり、何度も何度も繰り返して聴き続けて、そろそろ最寄り駅に着く頃、一本のメール。

そこに送られてきたのは、かけがえのない亀友さんからの愛情溢れる仁の写真だった。

電車の中なのに、
いっぱい人がいるのに、
家族が迎えに来るのに、
それなのに…

耳から優しい仁のcareの歌声、目の前に愛情溢れる友からの仁の表情。

どうしたらいい?

ねぇ…

その時の私、想像出来ますよね。

care、
素晴らし過ぎます。


日曜日の朝から

日曜日の朝から、
頭の中が仁ちゃんでいっぱい。

今日も、
お仕事で一日中会議場詰めなのに…

ほんと、
コンなことでは困る…

頑張って行ってきまつ!


雑誌

ほんと、露出ない・・・
週1回の冠だけじゃあ、やっぱり寂しすぎて、
飢餓感が襲う。

今日は雑誌買ってしまった…
オリスタ、にCM NOW

どちらも、
DoCoMoの優しい未来のCMが取り挙げられてる。
本人のインタビューなんかもなくて、
記者さんの書いた記事だけで、
おまけに2冊とも、ほぼ(って全部か)同じ写真を使ってて、
なのに、
やっぱり2冊とも買っちゃったよ。
特に、CM NOWの方は、お値段が張るし、何度も棚に直してはまた手に持ち…を繰り返した揚句、
写真の大きさと、飢餓感に負けて、お持ち帰り…

けど、このCMやっぱり好き。

ほっとするって言うか、
なにか胸につかえたものがすっと下りる気がするというか。

記事の内容もほんとどっちもいいよ。

彼にはもっともっとCMにも出てもらって、
その魅力を全国に知らせてほしい。

どうしてもっと出てないんだろう。
あんなに素晴らしい人はなかなかいないよ、スポンサーさん。

もっともっと仁が露出してくれますように。
彼の魅力は、
全国の、いや全世界の人々に、心の潤いを与えてくれますから




| Top | Next»