2015.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2015.10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



”Me”ツアー、無事完走、誠におめでとうございます!!!

仁ちゃん、関係者の皆様、
本当にお疲れ様でした。

そして、Jip’sの皆様、今回縁あって、仁ちゃんのツアーに接せられた方々、
本当にありがとうございました。

昨年も、一昨年も、仁ちゃんのツアーでは、新たな発見があり、
胸躍る驚きがあり、最高に心が活性化されたのでありますが、
今年は、さらにそれを強く感じたツアーでありました。

いささか手前みそではありますが、
自分自身、心から音楽が、エンターティンメントが大好きなのだなと実感しました。

それがまた、”赤西仁”という人の作品の中にいる時、
どこからも文句のつけようのない喜びに満たされるのであります。

彼が持つ、偉大なる才能と、
滲み出る人間性の温かさがそうさせているのだろうなと思います。

だって、
”たとえ、ずっとキミといたくても、きっと先にいくから
 もしも、星になっても、キミの胸にいるから・・・”
”胸がいつもより音を鳴らして、
 見上げてた空は誰かを真似て滲んだ・・・”
ですよ。

なかなかこんなに胸に響く事をさらりと言いのけてくれる人は、
しかも、あんなになめらかな旋律に載せて、
あんなに切ない声で歌う人は、他にはいないでしょう。


人の心って、
一体どこにあるのかなぁ。

キュンと痛みを感じるから心臓のあたり?
やっぱり科学的に見れば脳の中?

その居所は、未だに定かではないけれど、
確かに人には心があって、
それが、浮き沈みしたり、突き動かされたりしている。

仁ちゃんのパフォーマンスは、
まさに、心をわしづかみにし、それでいて、これ以上ないほど優しく癒してくれる。

ああ、
仁ちゃんに出会えたこの仁生は、
人として、生まれ、今生きている事を実感する事を最高に幸せと思える人生で、
なんて有意義なんだろう。

今回も、多くの人に支えられ、
多くの人に出会って、
何度かツアーに参加出来た事、
心から感謝でいっぱいです。

実際は、まだ、上海、沖縄の公演があって、
関係者の皆様も、しっかりお休みになる暇もないのだろうと思いますが、
ツアー完走後、
少し気持ちも、身体も一息入れていただいて、
また、次へ向かっていただきたいなと思います。

来年も、再来年も、
いいえ、常にどんな時でも、
私は、
仁ちゃんの音楽と共に生きていきたいなと思います。


ありきたりですが、
やはり、この言葉で締めくくりですね、

皆様、

仁ちゃん、

本当に、


ありがとう。


また、お会いしましょうね。
スポンサーサイト


歴史的ライブ

渋公1日目。

男性絶対参加。

行って参りました。^ ^


たまたま、シルバーウィークの延長で休みを取っていて、尚且つまだ予定を立ててなかったのを幸いに、これまでどんなに誘っても動かなかった主人を連れて・・・

どんな反応するんだろ?
ずっと突っ立ってたらどうしよう?

そんな当初の心配はどこ吹く風。
何にも心配なんていりませんでしたとも。

最初からノリノリで、サイリウム振ってるし、
適宜何かしら仁ちゃんに呼びかけてるし・・・^^;

ほんと、いいライブでしたよ。
大大大成功ですね!

3分の1と言わず、半分以上男性という、
いつもと全く違う中でのライブは、
適度な緊張感を漂わせながら始まり、
後一公演を残すのみのこのツアーを惜しむが如く、
魂をこめたパフォーマンスを繰り広げながら、
ただ、ただ、この時を思い切り楽しみたい、楽しもうという、エネルギーがぶつかり合う空間へと変わっていく。

もはや、
性別も年齢も今日初めて来たとかも全然関係無い。

全員が、一つになった。


ライブ後、友達を交えた打ち上げで、
語る語る、主人。^^;

きっと感情が溢れ出てきたんだろうな。

思うように身体がノリきれず、ワンテンポ遅れたことがよほど悔しかったのか、次回までには、もっとよく曲を勉強しておくそうな。^_^

・・・次回って?

早速次も行く気になったようですね。
その言葉だけで、彼の満足感充分伝わりました。

こんな幸せ空間を与えてくれて、
仁ちゃんありがとう。

今夜のラストも頑張って下さいね。

また、お会いしましょう。(^-^)/


アーティスト"赤西仁"

この頃、本当に疲れてるのに、
いや、疲れているからこそなのか、
眠れなくて困る。(^-^;

そんな時は、
変に逆らわず、
仁ちゃん語りなんぞするに限るな。(^^)

"Me" Tour、本当に素晴らしい。

なんだろうね、
今まで、引っかかってた物が、全部取れちゃったみたいな、スッキリ感。


これって、なんだろう。

私の嗜好的に言って、
若い頃からあんまりアイドルさんたちには、強い興味のない方で、多分今でも、その傾向は、否めない。
それでも、確かに仁ちゃんにはアイドル時代があり、その当時にも十分彼のファンしてたんだったなあ。

ただ、
彼が何処そこ事務所の人だったからとか、煌びやかな衣装を身にまとって華麗にポーズを決めていたから、目に止まったというわけでは、決してない。
仁ちゃんの才能に惚れ込み、この人こそ、
世界で勝負出来る人だ!って、
思い込んじゃいましたからね。

ご本人が、一番身にしみていらっしゃるとは、思いますが、正直、紆余曲折凄まじいものがあった時期もあったけれど、
よくぞ、信念を貫いて、素晴らしい音楽を作り続けてくれて、ありがとうと、心から感謝の言葉を送りたい。

おかげで、
私達は、
今、

こんなに、
素晴らしいアーティストとなった、
"赤西仁"を心置きなく堪能し、
また、明日、
もっともっと、素晴らしい音楽に触れさせてもらえるんだという希望に胸を膨らませる事が出来ている。

さあ、

まだまだ、
彼は大きく羽ばたいて、
広い広い世界を席巻していくんだろう。

その姿を、
これからもずっと追い続けていけること、
本当に幸運だなあ。
彼と同じ時代に生きていてよかったなあ。

って、そう思う。

本当に心から、
そう思う。

仁ちゃんの音楽に出会えた幸せを噛み締めながら、
いい加減、そろそろ寝るとしましょうか。(-д-o)。o○Zzz


ぶれない人の魅力

今夜は、豊橋、お疲れ様でした。
MeTourも終盤戦で、
地方は、今夜で最後、次回からは、都内3公演を残すのみですね。

今回のTourは、絶対必見だなと思う部分が盛りだくさんで、名残り惜しいのは山々なれど、これもまた、次へ向かうステップ。どんどん進化して行くJin Akanishiは、今度はどんなだろうねと、ワクワクする楽しみを与えてくれる。
いやいやまずは、あと3公演、全力で乗り切って貰いたい。

今日、私は久しぶりに、休日がとれて、友人とランチなんてしながら、これまで参加したライブの報告なんかしておりましたが、
話す程に、私の語彙力の無さで、仁ちゃんの魅力が語り尽くせないなあ、と思ったりして・・・・・

音楽も演出も、パフォーマンスも、ビジュアルも、人間性も何もかも、何処をどうとっても全部完璧なあの人を、私はどう表現しよう?

それにしてもなんで、彼はあんなに人を惹き付けて離さないのだろう?

私的には、
それは、きっと、
あの人の考え方、生き方が、しっかりした信念に基づいていて、ずっとずっと少しもぶれないから、なんじゃないかと思う。

ずっと以前から、言ってることは、少しも変わらない。

人は、
自分だけの自分なりの道を見つけて、そこに向かう時、
誰よりも強く美しくなれるんだなあ。

彼は、
私達が、何かに迷ったり、つまづいた時に、力になれるようにとの思いを込めて、精一杯の作品を魅せてくれてる。
だから、私達もまた、そんな彼に負けないように、自分の信念に従って、信じた道を貫こう。
それが、例え茨の道でも、安易に流されたり、諦めたりする人生よりどんなにか、生きてる意味がある。

私も自分の信じた道を行こう。

正直、ちょっと疲れが溜まった身体を横たえて、Me Tourのプレイリストをヘビロテしながら、
こんな事を、
ツラツラと書いている。


大阪追加2Days

大阪追加の2Daysも、無事に終了~

さすがの私も、秋の訪れとともに、ちょっとこれまでの疲れが出て来たところで、
ちょっとしばらく静かに過ごしたいなとか、思いながら、まだまだハードすぎるスケジュールをこなし続けておる次第であります。

しかし、
仁ちゃんのライブは、いつ行っても、何度行っても、いっぱい思い出が詰まってる。

大阪ラスイブの日は、1階後方だったけれど、ほんとグランキューブという箱はとってもいい。
天井まで全く無駄がなく使われていて、あの世界観が素晴らしい。
そして、大阪ラスト、2階端っこからでしたが、
何と言っても、スペシャルアクシデント付きでねぇ。
本来はあってはならないスピーカートラブルだけれど、
曲途中でまさかの音源落ちにもかかわらず、歌い続けた仁ちゃん、踊り続けたダンサーさんのプロ根性。
そして、さらにも増して、Clapし続け、一緒に口ずさんだJip'sさん達の一体感。
もう、何とも言いようのない感動でありました。

きちんと説明し、ちゃんと謝罪の言葉をいい、そして、上手く次の曲へつないだ仁ちゃんのさすがの上手さにも脱帽。

アクシデントの際にもだけど、
そこかしこに、また仁ちゃんの優しさが溢れたライブだったなぁ。

赤ちゃんの声を拾って声かけした時、
トロッコ上がりで、一旦ステージに上ってから~のもう一度ちょっと降りてきてあおってくれた時、
最後の避け際に、ちょっとスピーカーをけるポーズをした時・・・
ほんと数え上げればきりがない瞬間瞬間に彼が思いやり深く、心のひろ~い人なんだなと感じさせてくれる。

でも、それにも負けないくらい、Jip’sの皆さんがまた優しい。

ああ~ほんと、そこらじゅうに愛だらけのライブだったなぁ。

あの時間、あの空間だけじゃなく、
仁ちゃんに会えない時間でも、きっとその愛は世界に広がっているんだろうなぁ。

打ち上げの時、
いつも話すのは、
”あんなに素晴らしい人を愛せて、私達は幸せだね”ってこと。

心からそう思う。

お店の人にも、彼の素晴らしさ、ちゃんと宣伝しておきましたけど、
もっともっと、いろんな人に伝えたい、な。

仁ちゃんのそばにいると彼の優しさに包まれて、
自分ももっと優しくなれるんだよって。

ね、
皆様、またお会いしましょう~

ほんとに、ほんとに、

ありがとう。♡




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。