2016.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2016.07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



『Audio Fashion』

6月22日、『Audio Fashion』発売、おめでとうございます。

お江戸界隈では、宣伝看板が多箇所にお目見えし、
アドトラが街を走っているそうな。

ここ大阪の南の果てでも、
便利な時代のおかげで、宣伝部の皆様の挙げられた情景を目にすることが出来、
ほっこり、ワクワク、毎日が忙しい。

まず、リード曲『Summer Kinda Love』のMVが解禁となり、
その映像の美しさに、心わしづかみ。

彼の才能の幅広さよ。

音楽のみにとどまらず、
映像の創り方にも、ひれ伏す思い。

なんちゅう色使い、なんちゅうシュチュエーション、なんちゅう設定なんだ~~~っと、
どこか、気が遠くなりそうな感覚になった。

正直、オンエアのMVを見た限りでは、
歌詞が何を言っているのか、よくわからん状況であったこともあって、
とにもかくにも彼の映像の世界に完全にノックアウトされてしまってた。

ところが、
いざ、アルバムが発売になって、
曲の全容が明らかになり、
8曲、もしくは9曲、もしくは10曲をフルで聴くほどに、
今度は、
予期していたこととはいえ、
想像をはるかに超えて、
彼の音楽の世界に、ドッカーンと爆弾落とされた感覚になる。

”ふっかい(深い)なぁ・・・”

これが私のこのアルバムへの一番の感想。

歌詞カードを英詞のまま読んで、何とか理解しようとするけれど、
まだまだ、語学力が足りなさ過ぎて、日本語訳詞にも目を通してみるも、
やはり、耳で曲を聴いて理解出来たらもっともっと彼の魅力を感じられるのに、
もっともっと、自分の言葉で彼の魅力をストレートに伝えられるのに・・・と地団太踏む。

でも、
このアルバムを、
何の先入観も持たず、
変に聴きこもうともせず、
ただ、
BGMのごとく、
日頃の生活に溶け込むように肌で感じるだけで、
それはそれで、
本当に幸せな気持ちになれるのではないかという気もしている。
スポンサーサイト




| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。