夢にまで見たエンドクレジット



2017.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.06

本日、『47RONIN』世界最速公開初日おめでとうございます。

本当に、首がろくろっくびならぬ、妖女ミズキさんの如く、伸びてしまいそうでした。www

予告編を拝見した時は、正直、どんなふうに仕上がっているんだろうと全く想像もつかず、
キアヌの代表作『マトリックス』みたく、異次元風になってたりするんだろうかとか思ったり、
予告編の断片が、一体どうつながって行くのか全く分からなくて、ドキドキしていました。

日本人には、お馴染すぎる赤穂四十七士のお話、
大筋は、そのままだけど、ほんと、全く新しいものになっていました。

これは、日本人であれば考えもつかない発想だろうけれど、
日本人ではないカール監督が、あの世界観を持って赤穂浪士を描き切ったのには、全く恐れ入ります。
凄い感性の監督ですね。
おまけに、監督お得意の高度な映像技術は、これまで見た事のないものばかりで、
今日は、2Dでみたけれど、今度は、絶対3Dで見なきゃ、と思いました。

キアヌと真田さんの存在感は半端なく、
ハリウッド映画の主演級は、やっぱり凄いわ、とため息。

我らが主税様はと言うと、
なんともまあ、美しい事!
アップの画面に映えて、改めて見惚れます。

さすがに、まだまだ所作的に未熟さが見えたりもしますが、
あの役柄上、貫禄充分と言うよりは、その位が初々しくてはまってる。
実際は結構な大人なんで、16歳の役は、ちょっとどうかなとも思ったけれど、
なんのなんの、いたいけで、一途で、将来のある可愛い若者像が、あふれ出ていました。
カール監督、ほんと素晴らしいキャスティングですね!

そして、

エンドロール。

ハリウッド映画のラストには、必ず、大勢のスタッフキャストの名前がずらりとどこまでもクレジットされる。

その初めの方に、
”JIN AKANISHI”の文字。

スピードレーサーの声優の時も、BANDAGEの時も、
エンドロールを見ながら、号泣したなぁ…
一つづつ階段を上って行く足音が聞こえるようで…
そして、いつか、
ハリウッド映画のエンドロールに、彼の名を見るのを夢見てきました。

その夢、叶いました。

彼は、間違いなく、
今日からハリウッド俳優の仲間入りです。

いい映画に出会えましたね。
自分でつかみ取った栄光ですね。

素晴らしい映画を観賞できたことと、
その中で生き生きと光を放っていた彼の姿を見る事が出来て、

今日は、本当に素晴らしい日になりました。

世界の沢山の人々に観ていただけますように!



★全てのことにありがとう★
よかったらポチっとして行ってね↓
ジャニーズブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト


<<2ndRONIN | Top | 久しぶりのお江戸>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://jinyucali.blog95.fc2.com/tb.php/1252-3178a566
» FC2blog user only
| Top |