”#赤西仁宣伝部”



2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



”#赤西仁宣伝部”

”JIN AKANISHI'S CLUB CIRCUIT”、
何度見ても素晴らしいLive DVDです。

ところで、近頃巷では、
”#赤西仁宣伝部”という言葉が出回っているらしく、
Twitter上では、たっくさん見かけますです、ハイ。


仁ちゃんのファンの方たちは、
彼の才能を本当に知っているから、
その素晴らしさを、もっともっと多くの人に知ってもらいたい、という意識がとっても強いのだと思います。

これほど素晴らしいエンターティンメントを知らずにいる人が沢山いるのが、
心から勿体無い、と思うのですよね。

”皆さん、聴いてみて!
     観てみて!
     感じてみて!”

という叫びが、自然と湧いてくるんですものね。

仁ちゃんのファン一人一人が、全員”赤西仁宣伝部”なんですね。

微力ながら、私も部員の一人として名を連ねさせていただけると嬉しいです。


ほんとに、
”こんな素晴らしいエンターティンメントを魅せてくれるアーティストがここにいますよ~~~
 こんな素晴らしいエンターティンメントがなんと!昨日からDVDで観る事が出来るんですよ~~~
 皆さん、観てくださ~い、聴いて下さ~い!”
って、声を大にして宣伝してまわりた~い。

これは、ファンだからっていう事じゃなくて、
一人の音楽好きとして、
彼のパフォーマンスと、完成された(いや、まだまだこれからも進化して行くだろうけれど)ステージに、
心打たれているからこその自然の叫びです。

CDで、曲を聴くのもまたいいのですけれど、
私は、やっぱり、彼はステージにいてこそ最も輝いて見えるんじゃないかと思っています。
ステージの彼は最強であり、最高です。
CDでは、完成された楽曲でも、
時々掠れたような声になるなんて事もまた、趣深し。
なんとも、彼独特の儚さが滲み出てくるんですよね。

かと思えば、また、CDとは違うアレンジを即興で組み入れていたり、
私達の気持を高ぶらせる透き通ったフェイクをちりばめたり…

彼の歌は、聴くたびに進化して行くから、
出来るだけ沢山のパターンを聴いてもらえたらなおいいかもしれません。
DVDをご覧になられたら、是非今度は、実際のライブに足を運んでもらえたらいいなぁ。

とにもかくにも、
”JIN AKANISHI'S CLUB CIRCUIT”、
一度手にとって、観てみてください。
絶対後悔はさせませんよ!

ってことで、宣伝部でした。m(__)m
スポンサーサイト


<<『47RONIN』発売日! #赤西仁宣伝部 | Top | JIN AKANISHI’S CLUB CIRCUIT 2013.12.18@ZEPP NAMBA>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://jinyucali.blog95.fc2.com/tb.php/1262-1563efc0
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。