BANDAGE~~海賊帆(紫的私見)



2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



今朝、待望のBANDAGE DVDをフラゲしてきて、
駆け足で、特典映像を見て、仕事に出かけた。

午後からの用事がキャンセルになったので、
心おきなく、本編を観た。

33回目のBANDAGE。
制作決定から約2年。
やっとの事で、ナツが手元に来た。
結局、こんなに思い入れの深い作品なのに、
この作品にかかわることごとくの機会に、私はついに生の彼と会うことがなかったなぁ…

ナツの全てが愛しい。
なんだろ、とても、画面の中のフィクションの人物だとは思えない。

エンドロールに流れる彼の名前を見ながら、
声をあげて泣いた。
初めてこの作品を観た日に貧血を起こしかけて同行者に迷惑をかけたとき以上に涙こぼれた。

DVDをしまいながら、どうしても、
無性に海賊帆が見たくてたまらなくて、
今、それを流している。

海賊帆は、私がKAT-TUNをちゃんと見た最初のDVD。
彼らの才能に、彼の歌唱力に、ひれ伏した衝撃のDVD。
いわば、私のKAT-TUNの原点。
それこそ、どんだけ見たか分からない。
最初のDVDデッキは、そのために買ったけど、一年もたたないうちに見事に壊れた。

私はもともと、ステージパフォーマンスがとても好きで、
自らも舞台女優になるつもりだった。
幼いころから、宝塚が好きで、高校時代はどっぷりハマってて、
ここでも何度も触れたように、黒木瞳さんや大地真央さんの後をついて歩いてた。
けど、
私の好きな世界は、キラキラした夢の世界で、
ある意味決して現実ではなかった。
そこにいるだけで、ふわりと宙に浮くような別の空間に浸るのが好きだった。
海賊帆のころの、いや、きっと今もKAT-TUNのステージには、そういう夢がいっぱい溢れているのだろう。

けど、
ネバアゲ、GOLDで聴いたとんでもない高音。
MOON RIVERののびやかな甘さ。

それが…
私を、ある意味もう一つの現実に誘った。

BANDAGEは、確実に夢の世界ではない。

本来夢を見ていたかった私が、
いつの間にか、現実を見てしまってた。

彼は、
私の夢だと思ってた。
でも、
今や彼は、
私の人生そのもの。

ともすれば、くじけそうになる毎日を
彼がいるから生かされてる。

彼をずっと知りたいと思ってきたから、
周りを見る力がついた。
彼の心を知ったから、
人にやさしくなれる。

時は、
留まるところを知らず、
ただ、
いつもいつも前へ進むだけ。
生きることは、
永遠の課題。
答えは、まだまだわからない。
だけど、
自分に嘘をついて生きることだけはしたくない。

それが、
私が、
KAT-TUNと仁ちゃんから、
この4年間に学んだこと。

今海賊帆DVDは、
私があの頃もっともリピートした
絆の前の
亀梨くんの妖艶な舞。

MySpace Japan

rw_Ucaliをフォローしましょう


よかったらポチっとして行ってね↓
ジャニーズブログランキング


スポンサーサイト


<<J net 動画アップ | Top | ナツ>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://jinyucali.blog95.fc2.com/tb.php/896-92a75f6a
» FC2blog user only
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。