2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



~Résumé~

~Résumé~

仁ちゃんは、”履歴書”と言っていたけれど、
かなり、含みのある、タイトルなんだなぁ。

eに付されているアキュートアクセントの意味・・・

”感謝のライブ”、
そうもおっしゃっていたなぁ。

今回は、昨年までとは全く違うスタンスで、新アルバムの発売後でもなく、
これまでの曲たちの中から特にセレクトされたもののラインナップで、
その1曲1曲に、
込められた意味があり、
あの頃抱いていた思いやら、そしてこうして今があることの実感やらを否応なく感じさせられた。

正直言って、
今回、完全に消化されないままの思いもあって、
すぐに感想をアップできなかったのだけれど、
今は、
彼の気迫を本能で感じたことだけを記憶にとどめておこうと思う。

そう、
ただならぬ、
彼の気迫を感じて、一瞬たじろいでしまった。

”みなさん、ここで終わりじゃないでしょう?”
と彼は言った。

~Résumé~

再始動。

強めのアクセントをおいて、
彼は、再始動を仕掛けている。

震えがくる。

四の五の言わず、
遅れをとらないように、
ただついていけばいい。

彼のあふれんばかりの愛を信じて・・・ね。

次に会えた時は、
一体どんなに進化しているんだろう。

期待しかない。

今日も、
ありがとう。


出会い

CMAでの、受賞、本当におめでとうございます。
世界のジャッキーさんとの3ショットもさることながら、
2年連続の中国最高峰の音楽祭へのご出演、そして受賞、本当に素晴らしい偉業だと思います。

縁というよりほかありませんが、
ほんと、たまたま出会った仁ちゃんに魅せられ、
ああ、この人だ!
と信じてひたすらについてきて、
私は幸せ者だなあと思います。

仁ちゃんに出会ったおかげで、
行動力の大切さも、
信念を貫く生き方も、
自分が幸せでなければ周りを幸せにできないことも、
笑って生きていこうとする力も、

それから、
音楽が万国共通であることも、
音楽やエンターティメントの世界では、世界に垣根はないことも、
最新のエンターティメントの動向や、その見せ方も、

ああ、そのほか数えればきりがないほどのことを学びましたし、

仁ちゃんがいなければ、
今私がここで笑っていられたかどうかもわかりませんでした。

人の人生にとって、
出会いがどれほど大切なものか、
誰に出会って、何を感じるかが、
どれほど、その後の人生に大きな影響力を及ぼすことか・・・

私は、いい出会いをしました。

仁ちゃんと、
仁ちゃんを通じて知り合った人たちとの出会い、
これからも、ずっと大切にしていきたいです。


脳内

AFのDVDを幾度となく見ています。

いくら見ても、飽きない、どころか、もう、何度も見ても、新しい発見があって、
どれだけの見どころを工夫され、盛り込まれているのだろうかと驚かされます。

これがすべて、仁ちゃんの脳内から生まれた発想と、
あふれるほどの表現力の賜物であることが、
ある意味畏怖の念をも抱かせますね。

彼の脳内は、一体どうなっているんでしょ?

AFの世界観は、彼の脳内だそうだけれど、
奥が深すぎて、とてもすべてを見つくすことなんて、
何度回を重ねてDVDを目を凝らせて見聞きしても決してできないんでしょうね。

ほんとに、ほんとに素晴らしいですね。

一方向に偏らず、あらゆるジャンルで楽しませてもらえるのも、
彼ならではの、彼独特のジャンルと言っていいのだと思います。

今日も、AFのダウンロードビデオ見ながらJip'sのバーコードTシャツを着て、ジムで走ってきます!


We Happy!

おめでとうございます!

待ってました!

なんか、今朝からずっとTLが、
おめでとう、で溢れていて、
また、お2人のコメントやら、IINEやらが、微笑ましすぎて、
こういうのを、幸せって言うのだなあ……と、
思う、今日は、

私が29年前に、初めて母親になった日。(♡˙︶˙♡)


素晴らしきかな仁生

『Jin Akanishi Live tour 2016 Audio Fashion』も、ついに最終のスペシャル公演in Makuhariも無事に終了し、
皆様、本当にお疲れ様でした。
7月からの長丁場、無事に完走、まことにおめでとうございます!

お陰様で、スペシャル公演にも、参戦することが出来、
私も、力いっぱい楽しんでまいりました。

今年も、いろんな場面で、感動の涙を幾度と流し、
心を清浄できる瞬間を何度も体験しました。

その余韻も、まだまだ温かくて、
思い出しては、また目頭が熱くなります。

仁ちゃんは、
本当にどこをどう切り取っても、
全部が素晴らしい。

曲も、歌唱も、ダンスも、ステージ構成も、照明も、セットも、何もかもが常に想像もできない一段も二段も、まだその上もはるかに超えてくるパフォーマンスを仕掛けてくる。
そのうえ、どの角度からでも、いついかなる場面でも、美しい容姿に、
どんな海よりも深い深い愛にあふれたあの人間性。
そして、決して、後ろを振り向かず、常に前を向き続けて進化し続けていけるパワー。

全部が、
どこまで魅力的なんだ、と私たちを惹きつけてやまない。

私の人生は、
我ながらかなり波乱万丈で、
正直、くじけそうになることはしょっちゅうある。
だけど、そのたびに、
仁ちゃんと出会えた奇跡が私を救ってくれた。

彼が頑張っているから、
彼が笑顔を見せてくれるから、
彼がそこに存在しているから、
私は、こうしてここにいるんだなと、
そんなことを思いながら、あの日、幕張メッセのスタンドにいました。

彼と出会って10年。
私も結構年を取って、
若いころに描いた人生設計通りなら、もう一線を引退し、ゆっくりと隠居生活に入ろうと考えていたころに差し掛かっているけれど、
今の私は・・・
また、新しいことを始めようとしています。

年齢にもめげず、
そこにとどまることを知らず、
ただ、前へ・・・

たった一度の人生。
どこまでも自分らしく生きよう。

仁ちゃんがいてくれたら、
ずっと頑張れる気がする。

本当に、
素晴らしいなぁ。
こんな風に思える仁生。

彼に出会えた奇跡。
ほんとにほんとに、大事にしていたい。

ありがとう。

また、来年、たくさん、会いましょうね~
仁ちゃん。

そして、
Jip'sの皆さん!

本当に、
ありがとうございました!




«Back | Top | Next»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。