2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



北京音楽祭での、
アジア人気アーティスト賞受賞、
本当におめでとうございます。

海外では、
確実に、その人気と実力が認められているのですね。

久しぶりに、
エンターテインメントの祭典で心躍る思いをしました。
できれば、自国でも、こんな胸踊る時間と空間を共有したいなぁ。

そうそう、
仁ちゃんのフリガナは、「ぢんちゃん」なんですね。

ぢんちゃん、おめでとう。(^^♪

P.S.年度音楽大賞、重ねておめでとう🎊


あの、感動が自宅で蘇る!

って、どっかのキャッチフレーズみたいだけど、
ほんとに、そんな感じです。

仁ちゃんのライブ、いつもそうだけど、
今年のツアー”Me”は、さらにさらに、本当に本当に素晴らしかった。

それがこんなに早く、DVD、Blue-Layとして、手元で見れるなんて、この感動を伝えずしてどうしよう。

最近、Blue-Lay仕様のパソコンに買い替えてこの日に備えていて、心からよかった。(*^^)v

改めて、よくできたライブですよ~~
細部まで、隙がない。

曲のつなぎ目、
ステージ面に至るまで、
何をとっても見逃せない演出が施されていて、
片時も目も耳も離せない。

ちょっとでも見逃したら、
何度でも見返してみて!
見るたびに新しい発見があるはず。

どんだけ、こだわり続けて、
考え抜かれて、
努力し続けてこの作品を作り上げたのか・・・

まあ、見どころだらけ~です。

もちろん、生のステージが一番ですが、
こうして、映像で見るのも、じっくりと見れて、いつでも楽しめて、またこれもいい。

今日の発売日に合わせて、
掲げてくださった某CDショップのポップの言葉をお借りしますが、

”日本が誇る最高のエンターティンメント!”

です。

いいものは、いい!

心の清浄化に、
頭の活性化に、
とりあえず、何か楽しみたいときに。

ぜひ、皆さま、ご堪能あれ!


沖縄にて

最終の飛行機で、今日中に、
大阪に帰らないと行けなくなって、
大切なライブを途中退席させていただいてしまって、
本当にごめんなさい。

でも、何故かまだ、
この時間(23時55分)に沖縄にいます。

これまで何度も何度も数え切れないほど飛行機移動はしたけれど、少し遅れたことくらいはあれど、飛行機飛ばない、乗ったものをまた下ろされるなんてのは、初めて。
こんな時に限って、こんなことになるもんなんですね。

でもね。
誰のせいでもなく、
なるようにしかならないわけで・・・・・

不思議にイライラする気持ちは起こってないのは、
きっと、少しでも、さっき、
仁ちゃんに会えたからなんでしょうね。

短い時間だったけれど、
確かにさっき会えた彼は、
いつもの様に優しく、
いつもにまして、情熱的で、

ああ、この人でよかったなぁ、

って思わず呟いてしまうほど、魅力的てした。

確かに、最後まで、居たかったし、
申しわけない気持ちでいっぱいで、残念ですけど、
だけど、
彼は、また私に目には見えない強い力をくれたんですね。

凄いな。

あの人は、
私達の心をどこまでも支えてくれてるんですね。

まだ、
飛行機が動くとも動かないともわからず、
急ぎの用事の事の顛末も心配ではありますが、
とにかく、私は、
強くいられています。

今日出会えたJip'sさん達もみんなホントに温かかったです。

あら、翌日になってしまいましたね。

10月17日に出会えた全ての事にありがとう。
そして、やっぱり、
仁ちゃん、ありがとう。

お疲れ様。
明日も皆さんの力になってくださいね。



”Me”ツアー、無事完走、誠におめでとうございます!!!

仁ちゃん、関係者の皆様、
本当にお疲れ様でした。

そして、Jip’sの皆様、今回縁あって、仁ちゃんのツアーに接せられた方々、
本当にありがとうございました。

昨年も、一昨年も、仁ちゃんのツアーでは、新たな発見があり、
胸躍る驚きがあり、最高に心が活性化されたのでありますが、
今年は、さらにそれを強く感じたツアーでありました。

いささか手前みそではありますが、
自分自身、心から音楽が、エンターティンメントが大好きなのだなと実感しました。

それがまた、”赤西仁”という人の作品の中にいる時、
どこからも文句のつけようのない喜びに満たされるのであります。

彼が持つ、偉大なる才能と、
滲み出る人間性の温かさがそうさせているのだろうなと思います。

だって、
”たとえ、ずっとキミといたくても、きっと先にいくから
 もしも、星になっても、キミの胸にいるから・・・”
”胸がいつもより音を鳴らして、
 見上げてた空は誰かを真似て滲んだ・・・”
ですよ。

なかなかこんなに胸に響く事をさらりと言いのけてくれる人は、
しかも、あんなになめらかな旋律に載せて、
あんなに切ない声で歌う人は、他にはいないでしょう。


人の心って、
一体どこにあるのかなぁ。

キュンと痛みを感じるから心臓のあたり?
やっぱり科学的に見れば脳の中?

その居所は、未だに定かではないけれど、
確かに人には心があって、
それが、浮き沈みしたり、突き動かされたりしている。

仁ちゃんのパフォーマンスは、
まさに、心をわしづかみにし、それでいて、これ以上ないほど優しく癒してくれる。

ああ、
仁ちゃんに出会えたこの仁生は、
人として、生まれ、今生きている事を実感する事を最高に幸せと思える人生で、
なんて有意義なんだろう。

今回も、多くの人に支えられ、
多くの人に出会って、
何度かツアーに参加出来た事、
心から感謝でいっぱいです。

実際は、まだ、上海、沖縄の公演があって、
関係者の皆様も、しっかりお休みになる暇もないのだろうと思いますが、
ツアー完走後、
少し気持ちも、身体も一息入れていただいて、
また、次へ向かっていただきたいなと思います。

来年も、再来年も、
いいえ、常にどんな時でも、
私は、
仁ちゃんの音楽と共に生きていきたいなと思います。


ありきたりですが、
やはり、この言葉で締めくくりですね、

皆様、

仁ちゃん、

本当に、


ありがとう。


また、お会いしましょうね。


歴史的ライブ

渋公1日目。

男性絶対参加。

行って参りました。^ ^


たまたま、シルバーウィークの延長で休みを取っていて、尚且つまだ予定を立ててなかったのを幸いに、これまでどんなに誘っても動かなかった主人を連れて・・・

どんな反応するんだろ?
ずっと突っ立ってたらどうしよう?

そんな当初の心配はどこ吹く風。
何にも心配なんていりませんでしたとも。

最初からノリノリで、サイリウム振ってるし、
適宜何かしら仁ちゃんに呼びかけてるし・・・^^;

ほんと、いいライブでしたよ。
大大大成功ですね!

3分の1と言わず、半分以上男性という、
いつもと全く違う中でのライブは、
適度な緊張感を漂わせながら始まり、
後一公演を残すのみのこのツアーを惜しむが如く、
魂をこめたパフォーマンスを繰り広げながら、
ただ、ただ、この時を思い切り楽しみたい、楽しもうという、エネルギーがぶつかり合う空間へと変わっていく。

もはや、
性別も年齢も今日初めて来たとかも全然関係無い。

全員が、一つになった。


ライブ後、友達を交えた打ち上げで、
語る語る、主人。^^;

きっと感情が溢れ出てきたんだろうな。

思うように身体がノリきれず、ワンテンポ遅れたことがよほど悔しかったのか、次回までには、もっとよく曲を勉強しておくそうな。^_^

・・・次回って?

早速次も行く気になったようですね。
その言葉だけで、彼の満足感充分伝わりました。

こんな幸せ空間を与えてくれて、
仁ちゃんありがとう。

今夜のラストも頑張って下さいね。

また、お会いしましょう。(^-^)/


アーティスト"赤西仁"

この頃、本当に疲れてるのに、
いや、疲れているからこそなのか、
眠れなくて困る。(^-^;

そんな時は、
変に逆らわず、
仁ちゃん語りなんぞするに限るな。(^^)

"Me" Tour、本当に素晴らしい。

なんだろうね、
今まで、引っかかってた物が、全部取れちゃったみたいな、スッキリ感。


これって、なんだろう。

私の嗜好的に言って、
若い頃からあんまりアイドルさんたちには、強い興味のない方で、多分今でも、その傾向は、否めない。
それでも、確かに仁ちゃんにはアイドル時代があり、その当時にも十分彼のファンしてたんだったなあ。

ただ、
彼が何処そこ事務所の人だったからとか、煌びやかな衣装を身にまとって華麗にポーズを決めていたから、目に止まったというわけでは、決してない。
仁ちゃんの才能に惚れ込み、この人こそ、
世界で勝負出来る人だ!って、
思い込んじゃいましたからね。

ご本人が、一番身にしみていらっしゃるとは、思いますが、正直、紆余曲折凄まじいものがあった時期もあったけれど、
よくぞ、信念を貫いて、素晴らしい音楽を作り続けてくれて、ありがとうと、心から感謝の言葉を送りたい。

おかげで、
私達は、
今、

こんなに、
素晴らしいアーティストとなった、
"赤西仁"を心置きなく堪能し、
また、明日、
もっともっと、素晴らしい音楽に触れさせてもらえるんだという希望に胸を膨らませる事が出来ている。

さあ、

まだまだ、
彼は大きく羽ばたいて、
広い広い世界を席巻していくんだろう。

その姿を、
これからもずっと追い続けていけること、
本当に幸運だなあ。
彼と同じ時代に生きていてよかったなあ。

って、そう思う。

本当に心から、
そう思う。

仁ちゃんの音楽に出会えた幸せを噛み締めながら、
いい加減、そろそろ寝るとしましょうか。(-д-o)。o○Zzz


ぶれない人の魅力

今夜は、豊橋、お疲れ様でした。
MeTourも終盤戦で、
地方は、今夜で最後、次回からは、都内3公演を残すのみですね。

今回のTourは、絶対必見だなと思う部分が盛りだくさんで、名残り惜しいのは山々なれど、これもまた、次へ向かうステップ。どんどん進化して行くJin Akanishiは、今度はどんなだろうねと、ワクワクする楽しみを与えてくれる。
いやいやまずは、あと3公演、全力で乗り切って貰いたい。

今日、私は久しぶりに、休日がとれて、友人とランチなんてしながら、これまで参加したライブの報告なんかしておりましたが、
話す程に、私の語彙力の無さで、仁ちゃんの魅力が語り尽くせないなあ、と思ったりして・・・・・

音楽も演出も、パフォーマンスも、ビジュアルも、人間性も何もかも、何処をどうとっても全部完璧なあの人を、私はどう表現しよう?

それにしてもなんで、彼はあんなに人を惹き付けて離さないのだろう?

私的には、
それは、きっと、
あの人の考え方、生き方が、しっかりした信念に基づいていて、ずっとずっと少しもぶれないから、なんじゃないかと思う。

ずっと以前から、言ってることは、少しも変わらない。

人は、
自分だけの自分なりの道を見つけて、そこに向かう時、
誰よりも強く美しくなれるんだなあ。

彼は、
私達が、何かに迷ったり、つまづいた時に、力になれるようにとの思いを込めて、精一杯の作品を魅せてくれてる。
だから、私達もまた、そんな彼に負けないように、自分の信念に従って、信じた道を貫こう。
それが、例え茨の道でも、安易に流されたり、諦めたりする人生よりどんなにか、生きてる意味がある。

私も自分の信じた道を行こう。

正直、ちょっと疲れが溜まった身体を横たえて、Me Tourのプレイリストをヘビロテしながら、
こんな事を、
ツラツラと書いている。


大阪追加2Days

大阪追加の2Daysも、無事に終了~

さすがの私も、秋の訪れとともに、ちょっとこれまでの疲れが出て来たところで、
ちょっとしばらく静かに過ごしたいなとか、思いながら、まだまだハードすぎるスケジュールをこなし続けておる次第であります。

しかし、
仁ちゃんのライブは、いつ行っても、何度行っても、いっぱい思い出が詰まってる。

大阪ラスイブの日は、1階後方だったけれど、ほんとグランキューブという箱はとってもいい。
天井まで全く無駄がなく使われていて、あの世界観が素晴らしい。
そして、大阪ラスト、2階端っこからでしたが、
何と言っても、スペシャルアクシデント付きでねぇ。
本来はあってはならないスピーカートラブルだけれど、
曲途中でまさかの音源落ちにもかかわらず、歌い続けた仁ちゃん、踊り続けたダンサーさんのプロ根性。
そして、さらにも増して、Clapし続け、一緒に口ずさんだJip'sさん達の一体感。
もう、何とも言いようのない感動でありました。

きちんと説明し、ちゃんと謝罪の言葉をいい、そして、上手く次の曲へつないだ仁ちゃんのさすがの上手さにも脱帽。

アクシデントの際にもだけど、
そこかしこに、また仁ちゃんの優しさが溢れたライブだったなぁ。

赤ちゃんの声を拾って声かけした時、
トロッコ上がりで、一旦ステージに上ってから~のもう一度ちょっと降りてきてあおってくれた時、
最後の避け際に、ちょっとスピーカーをけるポーズをした時・・・
ほんと数え上げればきりがない瞬間瞬間に彼が思いやり深く、心のひろ~い人なんだなと感じさせてくれる。

でも、それにも負けないくらい、Jip’sの皆さんがまた優しい。

ああ~ほんと、そこらじゅうに愛だらけのライブだったなぁ。

あの時間、あの空間だけじゃなく、
仁ちゃんに会えない時間でも、きっとその愛は世界に広がっているんだろうなぁ。

打ち上げの時、
いつも話すのは、
”あんなに素晴らしい人を愛せて、私達は幸せだね”ってこと。

心からそう思う。

お店の人にも、彼の素晴らしさ、ちゃんと宣伝しておきましたけど、
もっともっと、いろんな人に伝えたい、な。

仁ちゃんのそばにいると彼の優しさに包まれて、
自分ももっと優しくなれるんだよって。

ね、
皆様、またお会いしましょう~

ほんとに、ほんとに、

ありがとう。♡


Miss California♪

もう、頭の中が、
「Miss California」で、グルグル🌀

あの日の「Miss California」の感覚を忘れない。

舞い上がって、周りで起こっていた事は、ほとんど覚えてないけど、私の視界にいた仁ちゃんは、本当に鮮烈だった。


彼の魅力の大きさにまた震えてる・・・♥


眠れぬ夜 in Sendai

やっぱり、眠れないや。
興奮さめやらず、というか、
ニマニマが止まらない、というか・・・・・

あれは、球場から上がった花火だったのかな?
夕飯食べようと歩いた道の背後から、突然鳴り響いたパンパンという爆発音とともに、夜空に花開いた花火は、まるで私達の心を表しているようだった。

さっきまでの、時間と空間をちゃんと、記憶の中の形にしておきたくて、命の炎を燃やしていたような・・・・・

今日は、3階席、ほぼ、中央。
あのライティングを堪能するには、絶好のポジション。(^^)
案の定、温かい光と、力強い音楽にすぐ様魅了されて行く。

また、今日のMCは、一層磨きがかかってて、さすがに、自身が、MCを次への課題にあげるほどなんで、ますます深みを増してきてますよね。(笑)

そんなこんなに感心ひとしきりしていたら、なんと!
仁様、まさか、まさかの3階席登場ですよ!皆様!

彼が客席の中にいるだけで、ありえないとすら思う私でありますのに、それが、わざわざ(今日の彼のお気に入りのフレーズ)3階席を廻ってくださるなんて、もうそれは、夢か現か・・・・・

3階席ドアを出られた後も、大盛り上がりをそのままにして、曲の間に、階段を駆けおりてステージに戻られた姿に、どれほどの愛しさを覚えた事か。

そりゃ、もう、眠れなくもなるでしょう。

そして、
最後が、また素晴らしい。
終了後、拍手なりやまぬうちに、自然とアンコールコールとなり、それが、しまいには、感動と感謝の大拍手となって、締められたのです。
本当に心温まる時間と空間でした。

Jip's最高です!
"Me"Tour最高です!
そして、やっぱり、Jin Akanishi 最高です!

Thank you. Thank you.
I Love You!!!!!


HAPPY JINDEPENDENSE !!!

HAPPY BIRTHDAY !!!  ^^;

すみません。すんごい手前みそですが、この目出たいDVD発売のこの日こそ、
何を隠そう、私目のうん十うん回目の誕生日であります。 (^^)

かの昔、惑星魂のころに、誕生日参戦を果たして、良き思い出を貰って以来の、
またひとつ誕生日エピソード達成となりました。

くしくも、独立記念のJindependense Tour のDVD発売日と重なるなんて、この上ないほどの光栄を頂いた気持ちです。

―――もう、それはそれは、内容は、どんなに頑張ったって私なんかの拙い言葉では表現しきれないほどのクオリティが詰まってる。
いや、詰まりすぎてる。
見どころだらけで、どこがどうだとかそんなこと言えない。

ただし、

ラキラキの仁ちゃんは、涙が出るほど、とにかく、
”かわいい~~~”のであります。(*^_^*)

確か、去年このライブに参加した時にも、私が発した言葉は、”かわいい~~~”だけだったような気がするけれど、
無意識に、この言葉を呪文のように繰り返してしまう状態に陥ります。

勿論、音楽性とか、舞台構成とか、いつも語りつくそうとして語りつくせずにいるクオリティは、
まあ、一度、自分の目で確かめて~~!というところでありまして、
そこかしこで、上手く表現のお出来になる文才のある方々が、その素晴らしさを伝えてくれているので、
あえて、私はそこには触れずにおこうと思います。―――

さて、
私が思うのは、
仁ちゃんのライブDVDって、仁ちゃんとJip'sの命と心の記録なんじゃないかという気がしてきます。
あの一体感、満足感、幸福感・・・
全てが、今この時代に同じ時を生きているからこそ味わえるものであり、
それがこうして目に見える形として残っている様は、本当にありがたい事だと思います。

あそこに集う(勿論あの会場にいたと言うだけではなく、目にした、耳にした、なんらかの形でDVDに関わりをもった)ひと、一人一人が、全員、本当にいい人たちなんだなぁ・・・

先日参加した、横須賀ライブの時にもつくづく実感したけれど、ライブを創ってくれている、スタッフさんがまたこれ素晴らしいんですよね。
誘導の方々、グッズ販売の方々から、特に私が接した人では、モニターカメラをとっていたカメラマンさん達の対応が、神がかるほど素晴らしかった。気遣いが行きとどいていて、皆で一緒にライブを創るんだという意気込みも感じられて、とても、気持ちが良かったです。
やはり、中心となる人が素晴らしいと、その精神や信念が皆に浸透するんでしょうね。

DVDのエンドロールに出てきていた皆さん、全国で、そして、世界中で、仁ちゃんを心から愛するJip'sの皆さんを含めて、全員が、素晴らしい。
その形ある記録が、まさにこのDVDなんだなぁ…なんて、感じ入っています。

現在、全国11か所のタワーレコードさんにて、パネル展も開催されるほどだそうで、勿論、他の店舗さんでも特設コーナーなどを作って置いて下さっているとお聞きしていますが、これまであまり目にしたり、耳にすることの無かった方々にも、どうか、一度、この仁ちゃんとJip’sの命と心の愛の世界を体験して欲しいものですね。

しかも、現在は、”Me”Tourの真っ最中で、”Me”も、観たくなる人続出するのは必至です。
”Me”Tourは、”Jindependense”のライブハウスとはまた違った新しい魅力たっぷりのホールライブになっているし、そちらのDVDの発売も、今から待ち遠しいなぁ・・・なんてな。(^^ゞ

それにしても、これから、一体何度このDVD見ちゃうのかなぁ・・・

あ、でも皆様、運転中にお車でのDVD観賞は、くれぐれも要注意の上でお願いしますね。
ついつい、見入ってしまって、運転おろそかにがなってしまっては大変危険です。

安全第一!健康第一!  どうぞ、お気をつけてくださいませ。(^O^)/


よこすか公演

暑い1日だったなあ。

とにかく、大阪を出る時から、うだるようなとは、こういう日の事をいうのだな、と思えるほどの暑さで、夏は、こうでなくちゃと思いながらも、口から出る言葉は「暑い」だけ~と言う具合。
でも、新幹線の中で、お弁当食べて、気持ちは早やリゾート気分(^▽^)で、やって来ました。初めての横須賀。

すぐ様、グッズ列に並び、待つこと一時間余り、限定チャームや、今回から、新しく追加されたグッズも無事買えて、まずは一安心。

大阪公演の時は、主に後方支援に回っておりましたが、ありがたいことに昨日のお席は、所謂神席を頂けて、開演前から、ボルテージは、最高潮。

言うまでもなく、夕べのステージも最高に素晴らしかったなあ。

今回のお席からは、仁ちゃんの足元まで、くまなく見る事ができたので、ダンスの時の細かい動きや、力強さを充分に堪能できました。

全く、あの人の動きには、寸分の無駄もなく、隙もない。
命が滾るような、ドクドクと血潮の流れる感情が、全身から湧き出てくる。

そして、また、私は、
生きていて良かったと思うのです。

世の中の軋轢や日々のストレスも、彼の傍にいれば、優しく溶けて、思いやりに変わっていく。

素晴らしい作品と素晴らしいパフォーマンスと、素晴らしいステージと、その中にある、素晴らしい人達。
ステージを彩る出演者のみならず、支えて下さっているスタッフさんたちもまた、素晴らしくて、感動する事しきり。

自然に、ありがとうと言う言葉が、口をついて出てくる空間は、これこそが、幸せだと言える。

仁ちゃんって、一体何者なんだろう?

ファンは天使とも呼ぶけれど、
やっぱり、そうなのかなあ。
あの人を思う時、
幸せの涙が溢れる。

神々し過ぎて直視できない。

なんか、そんな熱い感情が止まらない、熱い公演に参加出来て、最高でした、
全ての事に、ありがとう。





大阪第1弾公演から、10日余り。

その後の市川も福岡も大盛況、大成功で、何より。(*^_^*)

私は、毎日溢れるほどの思いを抱えながらも、以前のような気力と体力の無さになかなか記事のアップもままならず…m(__)m


仁ちゃんの魅力に気づいてから、そろそろ10年近くなるのかな。
まあ、そうなれば体力が衰えてくるのも致し方ないとするか…
恒例の年齢チェックも一世代上がっちゃったしな;ぁ…

実を言いますと、ずっと以前から、仁ちゃんのツアーの始まる直前にはよく体調を崩す傾向があって、
ドクターストップにもめげずに上京した過去があったりなんかも今は昔…という感じではあるのだけれど、
今回も例にもれず、
大阪公演の3日前に、生まれて初めての交通事故に遭いまして…
いや、本当に大したことではないのですが、とりあえず、現在も治療中という身であります。
大阪公演参加も、一時は危ぶまれたんですが、そんな心配もどこ吹く風、思い切り全身使って楽しませていただきましたよ。

いやはや、
この10日の間にずーっと考え続けていた事は、
仁ちゃんのライブがどうしてあんなに楽しくて感動できるのかについて・・・。
すべてではないにしろ、なんとなく見えて来た事がある。

福岡で、彼自身が、”自分はシンガーではなく、エンターティナーだ”というようなことを発言したそうですが、
うんうん、そうなんですよねぇ!

彼のライブは、すべての面において彼自身が創りだした世界であるということが最も大きい事だと思うのです。

勿論、他の誰でもない彼自身の生歌で聴かせてくれ、なんなら、バックコーラスやハモリでさえも彼自身の声であり、
曲はすべて彼の作詞作曲であり、音づくりから、オリジナル。

衣装や、メイクも彼独特のこだわりが感じられて、決して妥協していないし、自身のダンスも常に研鑚を重ねて深みを増し、
なおかつ入念に選ばれたスタイル抜群のダンサーさんがついていて、女性との絡みも適度の色気を漂わせて絶妙。

舞台のセットや照明の使い方に至っては、それを体験したすべての人が感嘆の声をあげているように、本当に言葉にならないくらいに素晴らしい出来。

そのライブのコンセプト全てが、彼の頭の中から考え出されたものであり、彼が実現に向けて創意工夫を何度も重ねてこの世に送り出してくれた作品であるからこそ、全てのものに一貫して、強い信念と大きな愛を感じる事が出来るのだと思う。

何と言いましょうか…
一粒で二度おいしいではないけれど、
一人を見ているだけで、何十倍も美味しい思いをさせてもらえるという、何ともお得すぎるお方だなあと思うのであります。

そのパフーマンスも、舞台構成も、グッズのクオリティも、何をとっても何一つ不満の言いようもないし、
その上で、あの国際会議場メインホール(私は何度も学会の退屈な会議で訪れております会場だったのですが・・・)を2階席の後方まで全部ひっくるめて総クラブ化させて、決して退屈させない手腕にはファンならずとも、感服せざるを得ないと思う。

それでいて、彼の印象はこの日本国内においては、まだ捻じ曲げられているというか、正しく伝わっていないという部分もある気がして、何とももったいない気がしてならない。
たとえ、メディアに広く出てこなくても、あれだけクオリティの高いパフォーマンスを見せてもらえる事に、私自身は全く不満なんてないけれど、彼のパフォーマンスに出会っていないのに、なんだか自分の意志とは反したイメージだけで拒否反応示しちゃう人がいるとしたなら、なんとか、一度自分自身で確かめてから判断してね~って伝えたい衝動に駆られる。

Meツアーは、再追加公演も出る盛況ぶりで、9月までまだまだ続く。
またこの地球上のどこかで彼のパフォーマンスが人々の心をいやしているんだなと思える日々が、
どうしようもないほど幸せな事だと思える。

この時代に、生きていてよかったな。

そして、3011年も、4015年も、
仁ちゃんとJip’sの皆様と一緒に過ごせて本当に良かったな~と思ってます。

やっぱり、思いがまとまっていませんが、
とりあえず、今日のところはこの辺で・・・^^;


大阪2DAYS

【Me】ツアー大阪公演、行ってまいりましたです。

2日間共に、お仕事の日でしたので、入り時間はギリギリで、特に1日めは、グッズ買ってたりしたもので、本当に席に着いたらすぐに始まった感じでバタバタしてました。

しっかし、なにはともあれ、
とにもかくにも…

一言、

”楽しかった~”

です。

仁ちゃんの存在感は半端なく、
会場の臨場感は最高潮。

決して小さくはないグランキューブのあの空間にいて、まるで宙に浮いているかと思うほど、
包みこまれてしまう演出の凄さ。

苦手のMCの時間も考えられないほどに長くなってきて、
客席との会話のキャッチボールもあって、
仁ちゃんの創り上げてくれた世界の中にいて、自分たちもそこにいるのだとしっかり思わせてくれる。

あの人は、どんだけ大きい愛を持っているんだろう。
(数的に)多くの、ではなくて、
(量的に)沢山の大きな大きな愛がいっぱい過ぎて、
幸せすぎて、泣けてくる。

何度も何度も何度でも思う、
仁ちゃんに出会えてよかった。

こんな人、絶対他にはいないよね。

世界中の人が本当の仁ちゃんを知って、
彼の音楽を知ってくれたなら、戦争なんて絶対起こらないのに…

”Music is emotion”

だから、

”Me”

彼が創りだす音楽は、人間本来の深い愛と言う感情を思い起こさせ、しっかり根付かせてくれる。

どんなに世界が荒廃しても、人はきっと音楽を忘れないし、
音楽がある限り、人は愛を忘れずにいられるよね。

Thank you

ありがとう。

今日からもがんばろう。

また、会いましょうね。


Happy Jindependence Day!

昨日の事ですが、
”Happy Jindependence Day!”であります。

仁ちゃんは、めでたく31歳になられ、
ますます美しく、逞しく、今後が楽しみでありますね。(^_-)-☆


ということで、
行ってきました。
【”Me” Releace Event】

リリイベは、
昨年も、一昨年も、日程が合わずに応募する事もかなわず、
今回初めての参加となりましたが、
ちょうど、お誕生日当日で、
また一緒にお祝いする事が出来、
とってもラッキーでした。

また、と言いましたが、
仁ちゃん同席でHappy Birthday♪を歌うのは、今回で2度目。
前は、スピードレーサーの舞台あいさつの時でした。
その時も、こんな機会は二度とないなあと思ったものでしたが、
確か、一日ずれていて当日ではなかったと思うので、
今回は、きっちりお誕生日当日、こんな機会は二度とないかもしれませんね。(*^_^*)

イベントは、もう皆様、ツイッターなどでレポをお読みでしょうから、内容は言いませんが、
なんか、全てがもう感激というか、感動というか・・・

ドームの天井席から、スクリーンでさえオペラグラス越しにしか見る事が出来なかった彼が、
肉眼ではっきり見える位置で、皆の声にこたえてくれている姿を、あの頃どうして想像できたでしょう。

あんなに気さくで、あんなに笑っていて、
あんなに優しさで溢れている。

そして、
何より、
あの人は、
私達の想像をはるかに超えて、
常に新しい道を切り開き、次々と次の世界への扉を開き続けている。

音楽の幅の広がりは言うに及ばず、
考えている事が、本当に際限がなく広がっていて、
次はどんなもので楽しませてくれるのか、おもちゃ箱を開けるときのように、
ワクワクがたまらない。

まだ、ツアーも始まったばかり、
来週は、地元でのホールライブ、十分に楽しませてもらおうと思います。

そうそう、昨年のライブのDVD、Blue-lay発売が決定しましたね。
それがまた、実は、発売日は、
私目のBirthdayであります。

仁ちゃんのお誕生日から、約一ヶ月後の自分の誕生日までがほんのひとつ歳の差が縮まる貴重な期間で、
少しでも長く感じていたいと思ってましたが、
今年に限っては、早く歳をとりたい気分にさせてくれます。(笑)

彼に出会った頃、
40代でも、肩身の狭い思いをせず、大手を振って彼を応援したいという思いで頑張ってた気がしますが、
気がつくと、もう一世代上がってしまってました。^^;
昨日のイベントで、5階までの階段の駆け上りはやっぱりきつかったけど、
そうやってイベントに参加できるのは、元気であればこそのこと。
これからも、年齢に負けることなく、
いつまでも元気でいなくちゃ、という思いを強く持ちましたね。

よおし!
50代以上でも、
階段のぼりも苦にしない気力と体力を保って、
いつまでも、若くいましょうね、って、
単に自分への言い聞かせです。

お若い方も、
同年代以上の方も、
皆様、健康あればこそのファン活動ですよ、
お身体を大事にして、頑張りましょうね。\(^o^)/


Let Me Talk To U

6月24日発売の新アルバム「Me」の先行配信が、
既に、レコチョクとiTunesで始まっていて、
勿論、「Let Me Talk To U」は、現在ヘビロテの日々。

最近、
なんだか、殺伐としていた毎日のなかに、
一滴の清涼剤を投げ込まれたような気がした。

世の中を生きていくには、
なにかしら理不尽な事や上手くいかない事や、心に重くのしかかる出来事を避けて通れない。

けど、
そんな時でも、
愛する人に出会えたこと、愛する人と過ごせる時間を持てた事、愛する人のそばにいられる大事さを
決して忘れないでいよう。

人は愛する人を守るためなら、
幾らでも強くなれる。

たとえ世界が全て敵になろうとも、
愛する人がそこにいるなら、
明日も、
また、笑顔で生きて行こう、って、

そう思う。


新しい世界がまた開ける、6月24日が本当に楽しみ。


春が来て、夏が来る!

ツアーのお知らせ、ありましたね。

テンション上がりましたね~~~~~

また、明日も頑張ろうって、そう思えました。\(^o^)/


新しいアルバムも聴けるんですね~♪

やった~やった~

ほんと、元気でましたわん。


ライブ会場は、
ちゃんと、公約を守って座席のあるホール公演にして下さって、ほんっと助かりますしね。





しっかし…

このところ、超多忙な日々で…

ん~遠出は難しいなぁ。。。

倍率も、高いだろうしなぁ。。。

なんていう、心配も付きまといますが、
とにかく、なんとか、今年も沢山の皆さんが仁ちゃんに会えますように!!!



今夜は、ただ、幸せな気分に浸って眠りましょうね。(*^_^*)zzz


春はそこまで。

昨日は、明るい日差しに包まれ、すっかり春の様子でしたね。

おかげで、目がかゆかったり、鼻がむずむずしたりした方も多かったとは思いますが・・・

また今日は、雨模様の予報で、
なかなかこのまま春突入~とまでは行かなさそうですが、
それでも確実に、もうそこまで春は来ている気がします。

この陽気にのって、
そろそろ、仁さまの活動も始まるといいですね。(^_-)-☆


お年玉

みなさま、
遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます。

昨年中は、またいろいろと楽しい事もいっぱいあり、
さまざまな場面で、また多くの方にお世話になりましたが、
今年も、はなから本当に縁起が宜しいようで…

本日は、
仁ちゃんからのお年玉も無事頂きました。

想像以上に、
ずしりとした手ごたえのある、ボリューム満点のカレンダーに、
正直、まずは、びっくりしました。

プレゼントしてくださるという事でしたので、
もう少し小ぶりなものかなと勝手に思っておりましたが、
いやはや、
さすがは、我らが仁ちゃんは、やることがちょいと違いますね。

何をすれば、ファンの皆が驚くか、
どんなふうに喜ぶか、
ちゃんと、わかってて、ぜったい中途半端に妥協しない人なんだなと、
今更ながら、思いました。

ほんと、
こんなに周りの人の事を大事にしてくれる人って、
他にいるかなぁ?

彼が愛をくれるから、
皆も彼を深く愛してるんですよね。

いい関係だなぁ。

と、
言う事で、

今年も、全力で、仁ちゃんを愛して生きましょう!

今年もどうぞ、よろしくお願い致します。m(__)m


Osaka Live

もう仁ちゃんは、お家へ帰られたかしら?
それとも、今夜は、大阪無事終了のお疲れ会でしょうか?

どちらにせよ、大阪ライブ、お疲れ様でした。(^^)v



私は、またまた、タイトなスケジュールで、
昨日も、今日も、そして明日も仕事の研修会に参加せねばならず、
特に昨日は、夕方までで本当に焦り、
それでも小さなラッキーさで、なんと研修会場は、堂島リバフォから徒歩5分の中之島付近だったもので、
なんとか、ギリギリ間に合うといった状況で、
今日は、昼過ぎまでの研修をこなしたあと(昼間の部の時間には間に合わなくて…)、
お友達とランチをして、夜の部に参戦といった2日間でした。

正直、今足はパンパンで、どうも明日はまともに動けないなぁ…といった感じもしていますが、
それ以上に、心ははちきれんばかりの幸せで膨らんでいます。

仁ちゃんに会うと、
いつも思う事ですけれど、
本当に幸せだなぁ…と実感します。

生まれて来た事も、
今まで生きて来た事も、
今生きている事も、
沢山の人に出会えた事も、
全ての事に感謝できる事も・・・

きっと、彼のオーラは、
深い愛で出来ているのですね。

そこに包まれていると、
本当に安心できる。

今回は、
独立されて初めてのライブでいて、
昨年よりも、
もっともっとさらにパワーアップしていて、
彼本来の歌やダンスやのほかにも、
さまざまに趣向を凝らしたまた一段上のステージを見せてくれてました。

セッティング、ライティング、立ち位置、衣装からグッズなど、細部に至るまでの全てが、より進化して完成度の高いものになっていました。
特に、既に参戦済みの皆様の言われている通り、
ビジュアルにいたっては、
どよめきが起こるほどの完璧さで、
どこにもつけ入るすきのないほどに美しいですよ。(^v^)

これからご参戦の皆様は、どうぞ、卒倒しませんように。

いやぁ、どなたも”やられた”感は、絶対ぬぐえないと思います。

さっきまで、
お友達とまた、いつまでしていても尽きる事のない仁ちゃん語りをしていましたが、
最終的には、同じ言葉しか出てきません。

”まあ、あんな人は他にいないね”

多分、今夜は、
少々、正気を失っているかもしれません。

いえ、
正直になっているとも解釈されていいかもしれません。(^^♪

仁ちゃんは、素晴らしいです!!!

改めてファン層の広さと根強さは、
彼の武器でもあり、
それは、彼の人間性の良さを現す尺度ですね。

やはり、
あれほど、全てが完璧な人は、
いまよりもっと広い世界に知られていくべきだと思います。

冒頭に言った通り、
彼に会うと深い愛に包まれて、幸せな気分になれます。

世界平和の実現のために、
もっともっとたくさんの人に彼の本当を知ってもらいたいという思いを一層強くしてきました。

会場の一体感素晴らしかったです。

みんなみんないい人ばかりですよね。

”ありがとうございました。”

今は、簡単なこの言葉につきますが、
これぞ、赤西仁の真髄。

”ありがとうございました。”

感謝の気持ちを忘れず、明日からもがんばりましょう!!!










«Back | Top | Next»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。